siscoTop 機種選択page 酒販ソフト概要 酒販店オプション 資料請求 「back」  
酒販店様の繁栄が、私たちの最大目的です。
とても大切な「現金固定客」何人の、お名前などの情報がいえますか?

 商売の仕組みは

  1. 見込み客を集め。
  2. 購入してもらい。
  3. また来てもらう。

 とてもシンプルです。

 見込客・・・とは、

 日常すぎて当り前と思い込んでいたり、

 ついついおろそかに接している、

 今まさに、現金で売上を頂いている、

 お客さん。のことです。

   あなたのお店は、
   新規客を集めることばかりに執着していませんか?
   新規客は、商品の価格、希少価値などを求めて
   いたるところを回遊しています。
   
   もちろん、新規客の集客も大切なことですが、
   回遊する新規客を集客するためには
   固定客を来店させるための経費と比べ、
   5〜6倍の経費がかかると言われています
   

オーナーの「思い」と、現実のギャップ!
宅配客が回遊する現金客に変身!
   

 <その@ オーナーがいつも思うこと>

     
    「お店にとって大切なお客様。
     
    年に2回ぐらいは何らかの方法でお礼がしたい。」
     
    台帳をめくってみれば 10年以上も前の名簿、
  
     
    以前は宅配も多く、それなりの名簿が・・・(思いはもろくも崩れる)
     
    そんなこと、ありませんでしょうか?
  
     顔は分かっていても、
     あのお客さんの住所は? 電話番号は?
     苗字は分かるけれど、・・・お名前が・・・?
     メールアドレスは・・・?
  

 <そのA 大きな勘違い>

     あのお客さん、毎日来てくれるので・・・上得意!?
     年間の購買額、
     実は●●●●●円。
  
     「えっ! たったそれだけ・・・?」

顧客デシル分析画面 枠のお客さまが現金売上の80%を購入している。

<ご参考>
顧客デシル分析
(簡単に言うと、店頭現金顧客の売上ランキングを10等分振り分ける。ちなみに、2:8の法則(パレートの法則)とは、2割の顧客で8割の売上を創りだしていると言われている。)

このような専門用語はどうでもよく、あなたのお店にとって導入効果が「有るのか」「無いのか」が一番に問題です。 
    

 <そのB オーナーの思い込み>

     オーナー:「内の店はリピート客がほとんどだよ」
      私  :「本当ですか?」
  
     オーナー:「・・・(もやもや)・・・?」
     本当は、思い込みだけ だった。
  
顧客デシル分析、デシルランク別に顧客ごとの実績が一覧できる。  顧客デシル分析
 顧客デシル1.の内容
<ご参考>
顧客毎に「売上金額」「構成比」「来店数」「来店単価」などを一覧で表示できる。
<お問合せは>
携帯はQRコードを読み取り必要項目を、ご記入の上送信して下さい。
パソコンの場合は、ここをクリックして、お問合せ下さい。
 顧客情報を名簿化できるツール
 オプション「顧客カードシステム」

あなたのお店の大切なお客様も、競合店から見れば「新規ターゲット」客!
    

 とても重要なことを忘れていませんか?

     あなたのお店にとって大切なお客様も、
     競合店から見れば「新規ターゲット」客なのです。
  
     「あなたは、当店にとってとても大切なお客様です。」 と、
     大切なお客様を競合店から守る手段がありますか。
  
    

 方法はいくらでもあります。

     顧客の心理を刺激する方法。
     視覚で優越感を誘う方法。
     etc・・・

 一番重要な事は、  
   お客様を「名簿化」できる仕組みを持つ。
   ということです。

  
     私たちは、システムの操作方法を酒販店様にあれができます、
     これもできます。などと操作説明をすることだけでなく
     「どうしたら酒販店さまの繁栄につながるのだろう。」
     と言う観点からご提案してまいります。
  
  
実際に来ていただいているお客様の名簿化比率アップは、最小限の経費で最大限の「売上」を創造する。
  
    

 下図の「POS売上分析表」で、
 具体的に説明を致します。

POS売上分析表

     POS延客数は74,541人、その中で、来店延顧客数が20,644人
     (客数の比率:27.69%
     稼動顧客数は376人、その来店頻度が54.90%です。
     POS売上額は50,293,726円、その中で、顧客売上額が17,115,603円
     (売上の比率:34.03%)
     POS粗利額は8,436,426円、その中で、顧客粗利額が2,624,976円
     (粗利の比率31.11%)です。
     POS客単価は675円に対し、顧客の客単価は829円です。

     ここで見えてきたのは、顧客376人(名簿化された顧客)が
     17,115,603円の売上と、2,624,976円の粗利をお店に与えてくれた、
     と言うことです。(ここの顧客の詳細内容はデシル分析で見れます。)

   残る53,897人のお客様は、
   どこのどなたかが分らない、
   名簿化されていないお客様です。
   しかも、”1回きりのお客様”なのか、それとも、
   ”数百回ご利用いただいているお客様”なのかも
   分からないのが現実です。

   このお客様の「名簿化=顧客カード会員」の獲得を、
   積極推進することが、最小限の経費で、短期間に
   ”最大限の売上を創造する”一番の近道です。


酒販店様の繁栄が、顧客カードシステムの目的です。
    

 お客様に対する
   年間サービス事業を標準化。

      ●上得意会員には「感謝のレター」

      ●新規の会員には「サンキューレター」

      ●ご無沙汰会員には「ラブコールレター」

      ●お誕生日には「おめでとうレター」

      ●会員限定の「感謝セールレター」

      ●商品を絞り込んで「あなただけに・・・お知らせレター」

   
   など、毎日、毎週、毎月の作業工程をオーナー不在時でも行えるように
   しておくことが、大切です。
   このように、実践に役立つ情報やツールを絶え間なくご提案していきます。

    顧客情報を名簿化できるツール。
      オプション「顧客カードシステム」についてのお問合せは、こちらをクリックして
      今すぐ、お申込下さい。

失敗しない「顧客カードシステム」シスコが、あなたのお店の売上アップに必ずお役に立ちます。
    siscoTop 機種選択page 酒販ソフト概要 酒販店オプション 資料請求 「back」